中国の古典文学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数395
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の文学は江戸時代に入ってから中国明朝から大きな影響を受けていった。『牡丹灯籠』はその影響を受けて作られた物語の一つである。この物語のあらすじは以下のとおりである。「・・・旗本飯島平左衛門の娘、お露は浪人の萩原新三郎に恋したあげく焦れ死にをする。お露は後を追って死んだ下女お米とともに、夜な夜な、牡丹灯籠を手にして新三郎のもとに通うようになる。その後、新三郎の下働き、関口屋伴蔵によって、髑髏を抱く新三郎の姿が発見され、お露がこの世の者でないことがわかる。このままでは命がないと教えられた新三郎は、良石和尚から金無垢の海音如来をもらい魔除けの札を張るが・・・」(Wikipediaより引用)
    『牡丹灯籠』の元々の原題は『剪燈新話』というは中国明朝に瞿佑によって書かれた怪異小説集の中の「牡丹灯記」というものである。あらすじを以下に記す。「正月十五日の燈籠祭の夜、やもめ暮らしの寂しさから、喬は牡丹燈籠を掲げた女中を連れた美女と知り合う。その後、半月ほど、その美女・麗卿は喬の家に通って来る。不審に思った隣家の老人がのぞいてみると、喬は髑髏と並んでいた。それを老人から知らされた喬は、麗卿の身元を調べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。