エビと日本人

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数590
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.単元「世界と日本の産業」
    2.単元の目標
    世界と日本の産業によるつながりから発生する国際的な問題を理解し、世界の国々とよい関係を築いていくためにはどうするべきかを考えさせる。
    3.単元の指導計画
    ・食べ物はどのように・・・・・・・1時間
    ・エネルギーはどのように・・・・・1時間
    ・ものづくりはどのように・・・・・1時間
    ・情報が価値を生む・・・・・・・・1時間
    ・地球を消費するわたしたち・・・・1時間(本時)
    4.本時の目標
     ①我々日本人が普段食べているエビがどこの国で生産されているかを教え、それがどのような環境破壊を引き起こしているかを理解させる。
     ②日本によるエビの大量消費が、エビ生産国の多くの人々の暮らしを支えていることを理解させる。
    5.本時の展開
    6.評価
    ①エビの生産が引き起こす環境問題について理解できたか。
    ②エビで生計を立てている人々がたくさんいることを理解できたか。
    ③我々日本人にとって身近な食材であるエビが引き起こす環境問題や、エビに関わって生きている人々のことを踏まえた上で、この問題に対する有効策を考えることができたか。
    <授業の流れ>
    (導入)
    ○普段の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。