R0704_仏教文学概論_試験

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数521
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・『往生要集』について述べよ。
    ・『今昔物語集』について述べよ。
    ・狂言綺語の文学観について述べよ。
    ・無常思想について述べよ。 
    ・未来記について述べよ。
    ・『曾我物語』における仏教的側面について述べよ。
    ※試験対策用の6題です。2009年度問題、合格。ご参考ください。なお不足・変更が必要な箇所があれば補足してください。2010年度以降の問題については関知しておりません。
    ・『往生要集』について述べよ。
    『往生要集』は、日本浄土宗の祖ともされる、平安時代中期の天台宗の僧、源信が著した。上中下三巻からなり、上巻は「厭離穢土」「欣求浄土」「極楽の証拠」「正修念仏」で、中巻は「助念の方法」「別時念仏」が語られ、下巻は「念仏の利益」「念仏の証拠」「往生の諸行」「問答料簡」と続き、最後に書簡が置かれる。
    『往生要集』の中で最も印象的なのは、大文第一での六道(地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天人)、その様である。本書は 「厭離穢土」から「欣求浄土」へ、その方法としての念仏を説く、という構成になっている。そのため「厭離穢土」の内容が強烈な印象を与えるのは当然であり、その影響は非常に大きい。
    しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。