R0703_言語学概論_第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数712
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人間の言語に共通する特徴のうち、恣意性・生産性について説明しなさい。」
    まず「人間言語の恣意性」について述べる。
    言語は音声記号の一種である。恣意性とは、人間言語の伝達内容とそれを表わす音声記号との間には必然的な因果関係はなく、各言語社会でそれぞれ独自に、勝手気ままに結びつけられている、という特徴である。つまりそれらは、偶然によって結び付いていると考えられるのである。
    言語には偶然の一致や時代背景などから借用語も多く見られる。例外的に、恣意性への反論として擬声語や擬態語があげられる。生物の鳴き声や自然音などについては、伝達内容と音声記号が必然的な関係で多言語において酷似するのは当たりまえのことなのである。しかし、言語学的観点から見た時、借用語を除外しないとその言語の持ち味が見えてこなくなる。日本語においては漢語などが借用語である。
    他国語を勉強する時が、恣意性を一番理解できる状況である。私たちは日本人であるために、他国語を理解する時はどうしても日本語の観点から考える。言語は通常「意味」をもって流通しているとみなされている。私が「青」と発語することで、聞いている相手は「鮮やかなのか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。