Z1110_教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数261
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     カウンセリングとは、一般的には訓練を受けた専門家が、クライエントに対して、言語的手段を用いて、治療・援助する方法である。しかし、教育現場におけるカウンセリングではそれにくわえ、生徒・児童の問題を予防するため、よりよい生き方を求めるためなど、日常的な教育活動の中にもその理論や技法を活用させるべきであると考えられる。つまり、治療的なカウンセリングだけでなく、開発的なカウンセリングを含むことが大切である。
     治療的カウンセリングは、カウンセラーが専門的な技術や知識を用いてクライエントの症状や病気を治療するものであり、専門的カウンセリングとも言える。主に神経症の患者を対象に行われるが、イド・自我・超自我の大小関係が固定した大人では、これらの関係よりも自我における意識・無意識の関係における治療法が検討される。しかし児童・生徒における三者は常に発達的で流動的である。問題行動によっては発達のある段階での一時的なものであり、三者の関係のアンバランスを修復することを目指し、これによって問題行動の改善を図ろうというものである。
     発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。