Z1108_教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数475
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     現代の社会は情報化社会とも生涯学習社会とも言われ、インターネット・マスコミ・出版など様々な媒体から、誰でもいつでも多くの情報にアクセスでき、学習することができる。教育は「受けさせられるもの」ではなくなり、それぞれのニーズに合った「選んで受けるもの」になりつつある。
    そうした社会環境の変化に伴い、「教育改革」の名のもとで学校教育もまた大きく変化している。教育方法に関しては従来の知識伝達を重視した授業から、主体的な学習を基本とする授業へと移行し、「基礎的な学力の育成」と「生きる力の育成」の両面が求められている。具体的に、基礎的な学力を主に育成しようとする「課題習得型学習」と、新しい学力(生きる力)を主に育成しようとする「課題発見型学習」をカリキュラムの中にバランスよく適切に位置付けることが求められているのである。新教育課程では、次の4つの学力をバランスよく育てることが目指されている。
    ①基礎的な学力A・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。