特別活動研究_Z1107

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数398
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。』
     特別活動とは、学校の教育課程における各教科および道徳および総合的な学習の時間以外の教育活動の総称である。特別活動は教科とともに、車の両輪として、学校教育の基本理念を支えているものであるといえる。特別活動は、教科教育の個人的学習に対し、他人との共同生活を通じて人間的な交流を学ぶことであり、協働的学習といえる。また児童・生徒が主体的・自主的に物事を実践していける力を養うこと、変化の著しい現代社会のなかでそれに対応できる適応力、社会に働きかけることができる力、それらの基礎となる社会的判断力を育てることもまた特別活動の一環である。
     特別活動のひとつに学級活動がある。学習指導要領では、「学級活動においては、学級を単位として、学級や学校の生活の充実と向上を図るとともに、生徒が当面する諸問題への対応及び健全な生活態度に資する活動を行うこと。」と示している。学級担任は学級の生徒を理解することが大前提としてあり、生徒とのより良い人間関係を築くことが大切である。中・高等学校では教科制のため学級生徒との接触が少なくなりがちだが、その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。