教育原論1_Z1102

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数643
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ハヴィガーストの発達課題について述べよ。』
    ハヴィガーストは、個人が社会において健全かつ幸福になる為には、生涯においての各発達段階に生ずるもろもろの課題、つまり「発達課題」を達成する必要があり、各発達段階でそれら課題を達成できなければ、その後の課題の達成も困難になるとしている。
    またハヴィガーストは、教育の適時性を指摘している。発達の起源として挙げている三つ、すなわち身体が成熟し、社会が要求し、自我が一定の課題を達成しようとする時が教育の適時であるとしている。教育の適時に努力を払えば満足すべき成果を得るであろうと、適時を強調しているのである。
    ハヴィガーストは発達段階を「幼児期」・「児童期」・「青年期」・「壮年期」・「老年期」の6つに分け、それぞれの段階に対応する身体的運動技能・認知的習得・パーソナリティ発達・各時期にふさわしい家庭的・社会的役割などを含んだ具体的な発達課題の内容を掲げている。
    幼児期(0~5歳)における発達課題は、①歩くことを学ぶ。②固形食を食べることを学ぶ。③話すことを学ぶ。④排泄機能のコントロールを学ぶ。⑤性の相違を知り、性に対する慎みを学ぶ。⑥生理的安定を得る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。