教育社会学1_Z1104

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数334
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」
     学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会である。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、より広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。
     歴史的に見ると、明治初期、「富国強兵」に代表される欧米へのキャッチ・アップを意図した国家目標の達成の為、優れたリーダー・人材を質量両面で安定的に養成する為に、これまでの士農工商のような身分に依存したシステムに代わり、その要望を満たすものと当時考えられたのが学歴社会・主義であった。学校という場にできるだけ広い諸階層の子供を集め、一定のルールに基づき子供を競わせる。そしてそこでのパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を割り振るというわけである。良い成績をあげ良い学校を出れば出自によらず良い将来が約束される。ここから学歴社会が根付いていったのである。
     学歴社会は、一方では国民の精神的・知的統合や識字率の向上など文化的基盤を整備する役割を果たし、他方では多方面にわたるリーダーを質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。