エコ・エコノミー論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数927
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エコ・エコノミー論
    第一章、はじめに
     現在、世界中で様々な大きな問題に直面し、人類はそれを解決することが求められている。例えば、生産活動に石油が必要不可欠であるが、石油産出国で無い国々では必要な石油を手に入れるために石油産出国から石油を輸入しなければならない。しかし、その需要とは裏腹に石油の枯渇化が進んでおり、50年以内に世界中の石油が枯渇すると言われている。つまり、資源は有限であるので、石油に代わるあらたな資源が今求められているのである。また、石油を利用した生産活動は酸性雨や地球温暖化・大気汚染など環境問題を引き起こしており、国境を越えて深刻な被害をもたらしている。だから、これら環境問題の解決と新たな資源の確保という目的を達成する為に、その達成する手段として政策や立法などを通じて現体制を変革していかなければならないだろう。
    第二章、体制内改良論
     深井滋子は、主権国家体制と資本主義体制の枠組みの中で、資源・人口問題も環境問題も、南北格差問題も、世界経済のさらなる統合、技術の進歩と市場メカニズムを活用する規制や制度により平和的に斬新的に解決していくことができる。とする体制内改良論を主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。