自然環境論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数376
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然環境論
    ポスターセッション「Edubuntoの活用」の考察
     私はポスターセッションの松山さんの考察、「Edubuntuの活用」に関して興味を持った。なぜなら、まだ学生である私にとってパソコンのオペレーションシステム(以下、OSとする)の値段は高いといわざるを得ない。それゆえ、私はOSの値段が下がることは学生の利益につながり、また品質の向上につながるのではないかと考えた。そこでEdubuntuがWindowsの代用で使えることはこの状況を打破できると思われるから、EdubuntoがOSとしてWindowsより機能するかを今回の考察とする。
     その考察の前に松山さんの発表の内容をまとめる。まとめることにより、私と発表者の意見の一致・相違を明らかにし、私の考察により説得性を持たせるためである。発表者である松山さんは世界中の人々が使用しているOSがWindowsによって独占されている状況において、OSを資本主義体制の競争に巻き込むことによりOSの値段を下げること。また、競争に巻き込むことにより消費者にとってより良い品質の商品が開発されることを目的としている。その為に発表者はその対抗馬とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。