環境問題と持続可能な発展

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,021
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境問題と持続可能な発展
    一、序論
     近年、環境に対する関心が高まり、国家間にまたがって議論がなされ環境に対する条約や議定書が交わされている。一方、民間レベルでは多くの環境保護活動や慈善活動が行われており、企業に関して言えば、営利的追求の一環として環境保護のための取り組みを支援推進している。これら環境に対する関心の背景に環境問題がある。
    環境問題とは「人間の行動が自然界に与えた影響によって、人間および自然生態系が生存にかかわる何らかの影響を受ける問題」と定義されている(清水浩,http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2002_14575/slides/01/3.html)。「人間および自然生態系が生存にかかわる何らかの影響を受ける問題」とは、主なものとして、工業化の進展や自動車の普及に伴う大気汚染・酸性雨、工業排水や生活排水などによる水質汚染・土壌汚染、フロンガスの排出によるオゾン層破壊・二酸化炭素等の温室効果ガスの放出などによる地球温暖化・海面上昇・凍土融解、開発にともなう、生物多様性の減退・生態系の破壊、自然への影響を考えない土地の開発、植林を考慮しない大規模..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。