国際社会の課題 中間レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数754
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート国際社会アメリカ移民

    代表キーワード

    国際

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際社会の課題 中間レポート
    アメリカ合衆国は建国以来、多数の移民、難民を受入れてきた「移民国家」である。実際2001年の難民認定数は28300人と世界一を誇っている。この移民政策には様々な目標があるが、大きく分けると社会的、経済的、文化的、道徳的目標の4つに分かれる。さらにこの移民政策は時代と共に移り変わってきた。例を挙げるなら、1924年に制定された移民法は「排日移民法」などと呼ばれ、時代を映す鏡と言っても過言ではない。
    このように80年代も移民や難民などの転換期といえる。1965年に制定された移民法では共産圏や独裁国家からの移民を想定していたが、1980年に制定された難民法はベトナム戦争によるインドシナ難民なども引き受ける必要からカーター政権下で成立した。その中で難民とは「人種、宗教、国籍、政治的帰属や信条に関わらず、迫害や迫害の恐れがあるがゆえに自国を脱出した人」と幅広く定義した。その結果、経済難民など新しい体系の移民が発生した。
    移民する理由として政治、宗教、民族的な迫害からの逃避などが理由としてあげられるが、経済的要因はかなり大きい。さらに多くの移民が職能や技能を持ちアメリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。