中国における社区養老の課題と展望

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数342
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    高齢化が急速に進んで家庭構造が勢いに核家族化するにつれて、伝統的な家庭養老方式は「空巣」老人のニーズを満足させなくなる。養老院も大多数の高齢者の養老需要を満足させない。それで、新たな養老方式を探し出さなければならない。そこで社区を通じて、自宅養老方式が実行可能な方法が考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国における社区養老の課題と展望
    高齢化が急速に進んで家庭構造が勢いに核家族化するにつれて、伝統的な家庭養老方式は「空巣」老人のニーズを満足させなくなる。養老院も大多数の高齢者の養老需要を満足させない。それで、新たな養老方式を探し出さなければならない。そこで社区を通じて、自宅養老方式が実行可能な方法が考えられる。
    中国の大都市で、社会の基盤をなす地域社会が変わりつつある。「社区」という、外国人には耳慣れぬ概念の組織が生まれ、発展している。「社区」は、欧米のcommunityの訳であり、日本の「町内会」や「団地」のように中国の発展の歴史や実情の中から生まれてきた独特の組織であり、また、独特の役割を果している。いまや中国の大都市の市民生活は、「社区」なくしては語ることができない。
    家庭が高齢者の最も主要な生活地域とすれば、家庭が所属する社区は高齢者の生活する第二空間といえる。高齢者の生活は悠々自適な生活のはずだが、体の衰退によって、彼らの活動範囲は狭く制限されることになる。中国「九大都市の高齢者状況調査」によると、都市の高齢者は一年中常に住んでいるところの近所で活動するのは50.1%を占め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。