中国における家庭養老と施設養老の現状

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数414
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史中国高齢者経済介護社会文化家庭健康

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    中国全体における高齢者の養老方式はもともと二つある。すなわち、家庭養老と施設養老である。ここでは、家庭養老と施設養老の現状について考察する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国における家庭養老と施設養老についての考察
    中国全体における高齢者の養老方式はもともと二つある。すなわち、家庭養老と施設養老である。
    (1) 家庭養老方式 
    『老年人権益保障法』では「高齢者の養老は主に家庭を頼る」と規定されている。家庭養老は中国の伝統的養老方式である。中国の家庭養老には数千年の歴史があり、中国の歴史においても、経済社会の発展段階、さまざまな文化的伝統、政治的基盤などと深くかかわって来た。また民族の価値観、倫理観とも一致している。それゆえ、長い歴史を通じて家庭養老の伝統的方式は終始存在し、高齢者を尊敬し、扶養することは美徳として受け継がれて来た。今日においても家庭養老は全中国で依然として主な養老方式である。
     ところが、社会の発展と中国の人口移動が増加するにつれて、子供達が別に家を買う(借りる)ことが容易になったことや、地方や海外での勤務、海外留学の機会の増加などにより、子供が親元を離れるケースが多くなった。特に都市において、多少の貯金がある高齢者や子女から経済的な支援を受けられる高齢者たちの悩みは、お金の問題ではなくて、日常生活における人的交流が非常に難しいことであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。