日本の福祉施設について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数368
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の福祉施設を見学する以前から、日本の進んでいる少子高齢者社会福祉制度、施設などに興味がありました。中国でも今日、少子高齢化社会福祉の充実を図るため、様々な制度改革や事業に取り組んでいますが、まだまだ完全なものではありません。日本では、少子高齢化社会の問題を解決するため、様々な政策が採られていると聞いていたので、画期的なものがあれば、中国にも取り入れられるように学んで来ようと思い、今回の福祉施設見学に参加しました。中国の福祉施設建設に多くの示唆をもらいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              日本の福祉施設について
                           
      日本の福祉施設を見学する以前から、日本の進んでいる少子高齢者社会福祉制度、施設などに興味がありました。中国でも今日、少子高齢化社会福祉の充実を図るため、様々な制度改革や事業に取り組んでいますが、まだまだ完全なものではありません。日本では、少子高齢化社会の問題を解決するため、様々な政策が採られていると聞いていたので、画期的なものがあれば、中国にも取り入れられるように学んで来ようと思い、今回の福祉施設見学に参加しました。
    今回見学させていただいた福祉施設は三つありました。1、地域密着型サービス認知症専門デイサービス 宅老所よりあい 2、地域密着型サービス 認知症高齢者共同生活介護(=グループホーム) エレガンス福岡福浜 3、特別養護老人ホーム はなみずき苑 でした。 
    実際見学  
    朝十時から宅老所よりあいを見学しました。福岡市中央区の住宅街の中にありました。この施設の一番印象に残るのは大きいな縁側でした。90年代の建物をリーフォムして使っています。大きい縁側を取り入れるのは責任者の下村穂美子さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。