ソーシャルワークとフェミニストの視点

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数763
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1970年代半ば頃、第2波フェミニズム運動が大きな盛り上がりを見せた。フェミニズムによって女性の抱える問題の構造が明らかにされ、従来では注目されなかった社会福祉におけるジェンダーが労働者問題としてだけでなく、クライアントである女性の貧困化、DVなどにおいても発見され認識されようになった。なぜ母子家庭が貧困に陥り やすいのか。貧困という問題を抱えた女性にどのような支援が必要としているのか。このような疑問はDVにおいても存在し、なぜ女性が被害者になりやすいのか、被害者にはどのような支援が必要なのか問われ、ソーシャルワークにおいてフェミニストの視点が求められるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークとフェミニストの視点
                                  
    初めに
     1970年代半ば頃、第2波フェミニズム運動が大きな盛り上がりを見せた。フェミニズムによって女性の抱える問題の構造が明らかにされ、従来では注目されなかった社会福祉におけるジェンダーが労働者問題としてだけでなく、クライアントである女性の貧困化、DVなどにおいても発見され認識されようになった。なぜ母子家庭が貧困に陥り やすいのか。貧困という問題を抱えた女性にどのような支援が必要としているのか。このような疑問はDVにおいても存在し、なぜ女性が被害者になりやすいのか、被害者にはどのような支援が必要なのか問われ、ソーシャルワークにおいてフェミニストの視点が求められるようになった。
    1980年 アメリカ「Social work practice with women」(全米ソーシャルワーク協会)会議――――ソーシャルワークにおけるフェミニストの視点の重要性が確認され、フェミニストの視点が注目されるようになった。
    1986年 コリンズ(B.G.Collins) 「フェミニスト・ソーシャルワーク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。