最強伝説・天

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数299
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人間世界

    代表キーワード

    世界

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        最強伝説・天
    謎のはじまり
     俺は天津飯。チャオズともに世界をまわり修業の旅をしている。若干、悟空に水をあけられた形にはなっているが、それも今だけだ。戦闘の才能も知能も俺の方が上、いつまでもくすぶっている訳にはいくまい。
    「おいチャオズ。」
    「どうした?天さん。」
     チャオズの特技は超能力。少し頭は悪いが、ピュアで純粋なハートを持つ男。俺たち二人は非常にバランスのとれたコンビだ。
    「今日はドドン波の強化をするぞ。いーな、チャオズ。」
    少し目を伏せる様に、チャオズ、
    「・・・でも天さん、ドドン波はもう通用しない。もっと新しい技を編み出すべき。僕、そう思う」
    「糞野郎が」
    「え?何か言った?天さん。」
     ブーン! 
    右手の人差し指に気を集めはじめる天津飯。
    「いいかチャオズ。ドドン波はカメハメ波とは違い一撃必殺ではない。この技の最大の特徴は、実は防御にある。」
    「天さん、防御って?」
    「チャオズ、俺の顔面に向かって攻撃してこい。」
    「うん、分かった!」
    砂埃とともにチャオズは左足で地面を蹴った。普通の人間では考えられないスピードで、天津飯の顔をめがけ飛び蹴りを放つ!
    ガシッ!
     天..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。