『裸の王様』開高健 構造分析 レジュメ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数737
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『裸の王様』  開高健 構造分析 レジュメ
    ※薄い文字や引用頁等は省略可。斜め文字は補足。
    【語釈】
    ※レジュメに於いての構造分析に必要になる単語のみ載せておく。
    裸の王様*1…《アンデルセン作の同名の童話の主人公から》高い地位にあって周囲の反対がなく自分の思いがすべてかなうため、自己を見失っている気の毒な人のこと。
    美育*1…芸術的教育の総称。美の鑑賞と創造を通して、望ましい人間形成をはかるための教育。知育、徳育とともに教育上の重要な内容を形成する領域。美的教育。
    ニコルソン(ニコルソン・ベン)*2・・・イギリスの画家。…(彼の生い立ちなど、本文に直接関連しないと思われるので中略)…「アブストラクシオン=クレアシオン(抽象=創造)」の展覧会に参加した。彼の表現はモンドリアンのロンドン時代の作風と比較して、同じように格子状の構造を呈しているか、あるいは正方形を他用しているが、それらの厳格な幾何学的形態を浮彫状の浅い奥行きの空間のなかに配しているところに特徴がある。
    肉*1・・・①動物の皮膚におおわれ、内部で骨格を包む柔軟質のもの。主として筋肉の部分。②食用とする動物や脂肪の部分。特に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。