『大人たちと抑圧された太郎』 裸の王様 開高健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,157
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『大人たちと抑圧された太郎』
    裸の王様 開高健
    本作は、題名からも分かる通り、かの有名なアンデルセンによる童話、「はだかの王様」が、何らかの関係性を持つことは明らかである。
    また、直接的に太郎が水面に顔を付けた部分の描写はなく、あえて水面から顔を上げた部分の描写だけがある。その部分に注目し、繰り返し読んでいった所、そこを境に太郎と大田夫人にある変化が現れるのが分かる。それらは、ぼくの目に映る肉体の生々しい描写や、それを用いた比喩を一つ一つ読み取っていくと明らかになるのだ。
    この二つからは、アンデルセンによる「はだかの王様」の子供と同じように、太郎という存在が、作中で何らかの変化を与えるということが読み取れる。ここでの太郎によって及ぼされた変化が、本作の主題とどのように関係してくるのか、論じていきたい。
    一つ目は、本作と、アンデルセンの「はだかの王様」が、どのように関係しているのかについてだ。
    本作は、アンデルセンの「はだかの王様」のオマージュである。それを意識して読み進めていくと、全体的に見て、山口や太田氏は、自己を見失った大人であり、「はだかの王様」での王様として描かれている。また、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。