「教育の拒否権について」

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育教職

    代表キーワード

    教職教育の拒否権

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育の拒否権について」
    「教育の拒否権」これは実におもしろい考え方だと思う。
    現代において自己決定権というものが大きく取りざたされ、人々も次第に自己決定の自由を求めるようになっている。
    自己決定権の論議がもっとも話題になったのは「安楽死」を認めるか否かのときだ。
    自ら死を選べる権利。人が人を殺すのは犯罪になるが、自分で自分を殺すのは犯罪にはならないのではないか。自殺は小さくとも痛みを伴うが、安楽死は文字通り痛みを伴わずに死ねるのではないか。
    世界では安楽死を認めている国もあるがそうでない国もある。
    自分個人の意見としては「安楽死」については賛成だ。見ていると生きることが辛い状態で生きている人もいる。現代の医学では治せない難病の治療に酷く苦しむ人もいる。彼らにとって死は楽になることを意味している。
    教育の拒否権について考えるときに前提としてあるのが「義務教育」という原則である。
    そう憲法で教育が義務づけられているのだ。義務教育の目的は簡単に言えば全国民が「読み書きそろばん」ができるようになることを意図している。
    当然これは生きていくうえで必要不可欠なことだし、これを知らないと社会全体と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。