生活科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また、以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。キーワード:「学び」「体験」「かかわり」「遊び」
     ⇒平成元年(1989)改訂の学習指導要領において、小学校1・2学年の理科と社会を廃止統合し新設された教科である。新設された意図としては、低学年児童の心身の発達特性に対応した体験的で総合的な指導、及び幼稚園教育と小学校教育の合理的な接続を実現することが挙げられる。
     目標としては「具体的な活動や体験を通し、自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心を持ち、自分自身や自分の生活について考えさせると共に、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」とある。その中で以下の視点を求められている。
    (1)体験の重視、遊びを取り入れる授業
    「具体的な活動や体験」とあるように、教科書を中心にして教師から学ぶという方法だけでなく、具体的な活動や体験を重視して、からだ全体で様々な方法を使って学ぶ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。