特別活動研究②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「特別活動研究」
    第2設題 4枚(横書き) 中学校または高校の学芸的行事および勤労生産・奉仕的行事名をそれぞれ一つずつ挙げ、テキストの「学校行事の指導上の留意事項」を参考にし、自分が学級担任なら、生徒にそれらの行事への取組について、どのように指導し、働きかけていくかを、実践の場を想定して、具体的に記述せよ。
    まず学芸的行事は、何をおいても文化祭が一番の行事といえる。生徒には、まず文化祭の意義を説明する。ただ楽しむだけのイベントでなく、その背景に隠された様々な学び得ることを生徒に理解させ、それらの事柄を頭の片隅において行動するよう指導する。そうすることによって、文化祭に対する生徒の考え方も変化する。いろいろな行事を行う上で、社会性やその他多くのことを学ぶ機会が増える。文化祭は特にそうである。まずクラス内での話し合い。屋台を運営し、物を販売することを望む生徒もいれば、作品を制作し発表したいと考える生徒もいる。中には、演劇をしたいという生徒もいるだろう。それぞれの生徒が勝手なことをすれば当然クラスのまとまりがなくなり失敗に終わる。できることなら生徒どうしの話し合いで解決できるようもって行きた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。