情報システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数606
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報システム  第1設題
    「情報システムにおける基本概念の変遷について、コンピュータのハード・ソフトウェアの発展と関連させて論述せよ。」
     ⇒これまでの企業における情報システムは、ある特定の経営上の問題解決を図るために導入されてきたのである。その上、システム利用者は企業内の特定の従業員等に限られる傾向があった。しかし、現在ではC/S(クライアント/サーバ)方式の普及によるダウンサイジングや、インターネット等の情報通信技術の進歩によって、システムがわかりやすく簡素かされ整備されることにより、既存の企業情報システムの更改・統合に類するERP、SCMのような業務の合理化のためのシステム導入や、Webサイトに既存の企業情報システムをリンクさせ、顧客が利用できるようにすることによりサービスの向上を図るシステムを構築する等、効果的な活用を目的とした様々なシステムが導入されている。
    企業情報システムが導入されはじめた1960 年代において、システム導入の目的はある一定の定型の集中・大量処理の業務が目的であり、メインフレームによるEDPS(データ処理システム)が使われ、この段階の情報システムは、データ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。