教科教育法情報①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数523
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教科教育法情報」 第1設題 8枚(横書き)
    『学習指導要領を参考にして、教科『情報』の教育目標ならびに、内容について 専門教科情報以外の他の具体的な1ないし2教科と比較してどのような特徴があるかについて説明せよ。』
    ⇒はじめに、高校『情報』教科と中学校『社会』について比較してみたい。
    高校『情報』教科は、情報化社会の急速な進展を背景に平成10年高等学校の普通教科に新設された。これは、前年度平成9年10月に発表された「情報化の進展に対応した初等中等教育における情報教育の進展などに関する調査研究協力者会議」における第1次報告「体系的な情報教育の実施に向けて」において、情報教育の目標を「コンピュータ及びネットワークの急速な進展に対応するとともに生徒が自ら学び考える力を育成するために情報活用能力を育成すること」としている。これにより、情報活用能力として情報活用の実践力、情報の科学的な理解、情報社会に参画する態度など高等学校の学習指導要領の改訂に伴い盛り込まれた。
    これに対し中学『社会』の教育目標は。「広い視野に立って、社会に対する関心を高め、諸資料に基づいて多面的・多角的に考慮し、我が国の国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。