教育方法学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数752
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育方法学」
    第1設題 4枚(横書き) 従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価について留意点を述べよ。
    ゆとり教育が叫ばれる今日の学習形態が構築される以前は、多くの受験戦争が生徒たちの人間性を圧迫し、成長の段階で必要な多くのものが学び得ず成長しているといわれてきた。確かに、毎日勉強勉強と言われ続け尻を叩かれていた者たちからすると、ゆとり教育とは理想的な教育方法であったかもしれない。だが、いざふたを開けてみると余計な混乱が生じているようにしか思えない。学校での授業数が減少し教える時間数が足りないからといって、従来教えられていたものを教えなくなった。当然、学校の授業だけでは良い学校には進学できないからということで、余計に塾へのウェイトが増して遊ぶ時間が増えてくる。学校でも授業時間確保のため学芸会や社会見学などの行事がなくなる。本末転倒ではないかと思われる。では、新教育課程で述べられている「課題習得型学習」と「課題発見型学習」とは、以前に比べてどう変化したのか比較してみたい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。