教育相談の研究2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数282
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育相談の研究」
    第2設題 4枚(横書き) 臨床心理士など学校外のスクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用等についてまとめ、それに対するあなたの考え、意見も述べなさい。 
     学校外のスクールカウンセラーが学校カウンセリングを行うにあたり、いくつかの利点が考えられる。
    まず第1に専門的知識が期待できる。教師が学校カウンセリングを行うこともあるが、まだまだ専門的な知識を持ち合わせている教員は少ない。生活指導を行うなどの場合はさほど専門的な知識を求められないかもしれないが、カウンセリングを行う上では生徒(患者)はとても神経質になっている場合が多く、慎重な扱いを要求される。カウンセリングを行なう場合、十人いれば十種類の対応の仕方が求められる。ひとつ間違えただけでまったく前に進まなくなるケースもある。しかし、経験の積んだカウンセラーならば、症状や様子から対応の仕方のプランを練ることができる。必ずしもそのプランがあてはまるとはいえないが、とりあえず手探りで進むよりは生徒にとっても教師にとっても有意義なことである。初めて会った時、生徒(患者)がカウンセラーにもつイメージを塗り替える..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。