P6304英文学研究 第一設題【A判定】

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数504
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『灰の水曜日』について、あるテーマを選んで論述せよ。内容にふさわしいタイトルを付すこと。
    「『灰の水曜日』にみられるエリオットの宗教観と人生」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『灰の水曜日』について、あるテーマを選んで論述せよ。内容にふさわしいタイトルを付すこと。
    「『灰の水曜日』にみられるエリオットの宗教観と人生」
    「灰の水曜日」とは
    キリスト教において、「灰の水曜日」とは、受難節の初日を指す。この日から復活祭までの期間を「四旬節」と言い、この間に信徒達は、悔い改めと、節制の生活を送る。「四旬節」に勧められている施し、祈り、断食は古くから回心の行いとして教会で大切にされてきたものである。それらの行いは自己の誇示や、他人から認めてもらう為ではなく、神に向かう心を表す為のものである。己に頼るのではなく神に身をささげて生き始めるとき、人は新しく生まれ変わるのだ。そして「主の復活」を迎えるよいスタートのしるしとして、この「灰の水曜日」が存在する。
    「灰の水曜日」に行われる「灰の式」は、己の行いを悔い改める儀式であり、頭に灰を振りかけられる。この灰は、我々人間は、燃やしてしまえば、灰と同じ無益で儚いものであるということと同時に死を象徴する。
    今も「灰の式」を行う時には、「回心して福音を信じなさい」、または「汝は塵なれば塵に帰るべきなり」という言葉を司祭にとなえさせる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。