英文学史 第二設題 【合格済】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数420
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

     19世紀初めの30年間で、ロマンティシズムは衰退の一途をたどった。ロマンティシズムを代表する詩人達はほとんどがこの世を去っていたのだ。このころ、選挙法改正案が議会を通過し、中流階級に選挙権が与えられ選挙区の不公平が是正された。そして、新時代の幕開けを示すようにヴィクトリア女王が1837年に即位した

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
     19世紀初めの30年間で、ロマンティシズムは衰退の一途をたどった。ロマンティシズムを代表する詩人達はほとんどがこの世を去っていたのだ。このころ、選挙法改正案が議会を通過し、中流階級に選挙権が与えられ選挙区の不公平が是正された。そして、新時代の幕開けを示すようにヴィクトリア女王が1837年に即位した。わずか18歳の若さであったが、体力、意力、精力、ともに優れた女王の64年間の在位期間、イギリスは安定した秩序を保ちながら、かつてない発展を遂げた。この、女王が即位した1937年から亡くなる1901年までをヴィクトリア時代と呼ぶ。この時代はイギリス史において、産業革命による経済発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であると言われている。しかし、一方で、内的矛盾を多く含んでいた。女王が即位してすぐに食料飢饉が始まり、40年代には「飢餓の40年代」といわれた様に状況は深刻化した。これが労働階級の政治的発言を強化しようとするチャーティズムと繋がり「人民憲章」を議会に請願しようと執拗な運動が続いたが結果は出なかった。しかし、産..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。