英文学史 第一設題 【合格済】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数304
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。

    ロマン主義とは、18世紀後半から、19世紀半ばにかけて、主に、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ、全ヨーロッパ規模で展開された文化運動である。これは、文学、芸術、思想上の自由を望むものであり、各個人の感性と想像力を価値あるものとし、個人の自由な表現を追及した運動である。この流れの中で、芸術家

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。
    ロマン主義とは、18世紀後半から、19世紀半ばにかけて、主に、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ、全ヨーロッパ規模で展開された文化運動である。これは、文学、芸術、思想上の自由を望むものであり、各個人の感性と想像力を価値あるものとし、個人の自由な表現を追及した運動である。この流れの中で、芸術家たちは、自由を制圧する社会への反抗、自然・神秘的なものに対する憧れ、人間の魂の根源の探求、夢・愛・情熱・喜怒哀楽等の人間の感情的、非合理的な側面を主題とし、独自性の強調を特徴とする主観的な作品を数多く世に送り出した。
    ロマン主義が誕生した背景には、イギリスの産業革命、フランス革命、ナポレオン戦争の三つの歴史的出来事が影響している。まず、産業革命によって、ヨーロッパの国々は、技術革新による工業化、都市化が進んだ。しかし、それまで農業を営んでいた人々は労働力として都市部へ流れざるおえなくなり、その結果、格差社会が生まれ貧困層が増加した。フランス革命では、産業化が進むにつれ、絶対王政の矛盾点が露呈しはじめたことによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。