英米文学概論 第二設題 【合格済】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数273
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設 題

     ⇒アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。

    ピューリタンとは、キリスト教の改革を唱えたプロテスタントのグループであり、市民革命の担い手となった清教徒とも呼ばれる。ピューリタン達の一部は、国教徒大弾圧を逃れ、キリストの福音を世界に広めたいという強い情熱のもと、アメリカ大陸へやってきた。そして、このピューリタン達の教義をピューリタニズムと呼び、ピューリタニズムを伝える、またはその影響を受けた文学をピューリタン文学と呼ぶ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。
    ピューリタンとは、キリスト教の改革を唱えたプロテスタントのグループであり、市民革命の担い手となった清教徒とも呼ばれる。ピューリタン達の一部は、国教徒大弾圧を逃れ、キリストの福音を世界に広めたいという強い情熱のもと、アメリカ大陸へやってきた。そして、このピューリタン達の教義をピューリタニズムと呼び、ピューリタニズムを伝える、またはその影響を受けた文学をピューリタン文学と呼ぶ。
    では、アメリカにおけるピューリタン文学はどのように生まれどのような特色があるのだろうか。歴史的、社会的背景を考察しながら述べていく。
    まず、アメリカ文学とは、ピューリタニズムの理想主義と、アメリカの広大な自然の影響のみを享受したものであり、アメリカ人によるアメリカ語で書かれたアメリカのことを描いた文学作品のことである。そして、17世紀はじめにイギリス人が植民地を開設したときに、植民地文学として始まったのが最初とされている。つまり、アメリカ文学はイギリス文学のような古い歴史や伝統を持っていない。当時イギリスではシェイクスピアをはじめとする巨匠達によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。