米文学史 第二設題 【合格済】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数506
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。

    ロスト・ジェネレーションとは、1920年代から1930年代に活躍した、アメリカの作家の一群の事を指す。彼らは、20代で第一次世界大戦、30代で世界恐慌、50代で第二次世界大戦を経験し、不運な時代を生き抜いた作家達である。主な著名作家には、アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)、スコット・フィッツジェラルド(1896-1940)、ドス・パソス(1896-1970)、ウィリアム・フォークナー(1897-1962)が挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
    ロスト・ジェネレーションとは、1920年代から1930年代に活躍した、アメリカの作家の一群の事を指す。彼らは、20代で第一次世界大戦、30代で世界恐慌、50代で第二次世界大戦を経験し、不運な時代を生き抜いた作家達である。主な著名作家には、アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)、スコット・フィッツジェラルド(1896-1940)、ドス・パソス(1896-1970)、ウィリアム・フォークナー(1897-1962)が挙げられる。
    この中でも、ロスト・ジェネレーションの代表者と言われている作家は、アーネスト・ヘミングウェイであろう。ヘミングウェイは行動的な作家で、スペイン内戦や、第二次世界大戦に積極的に関わり、その体験をもとにいくつかの作品を手掛けている。「日はまた昇る」、「武器よさらば」(1929)、「誰がために鐘は鳴る」(1940)は、彼の戦争体験をもとに描かれた代表作である。ロスト・ジェネレーションという言葉が定着することの発端となった「日はまた昇る」では、戦争の後遺症で子供が作れない体になってしまったある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。