米文学史 第一設題 【 A判定】

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数288
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。

    エドガー・アラン・ポー(1809-1849)と、マーク・トウェイン(1835-1910)は、19世紀に多くの作品を残したアメリカ出身の作家である。彼らの偉業は、後の世界中の作家、文学に多大な影響を与えた。

     エドガー・アラン・ポーは、他の作家と比べ特異な光を放っていた。彼は、主に、短編小説・詩・評論の3つの分野にわたって、数多くの作品を残した。ポーは当時、アメリカでは、全くと言っていいほど評価されることがなかったが、同時代のフランスではボードレール(1821-1867)をはじめとする、象徴主義の詩人らによって過剰なほど高く評価された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    エドガー・アラン・ポー(1809-1849)と、マーク・トウェイン(1835-1910)は、19世紀に多くの作品を残したアメリカ出身の作家である。彼らの偉業は、後の世界中の作家、文学に多大な影響を与えた。
     エドガー・アラン・ポーは、他の作家と比べ特異な光を放っていた。彼は、主に、短編小説・詩・評論の3つの分野にわたって、数多くの作品を残した。ポーは当時、アメリカでは、全くと言っていいほど評価されることがなかったが、同時代のフランスではボードレール(1821-1867)をはじめとする、象徴主義の詩人らによって過剰なほど高く評価された。
     まず、短編小説であるが、これらの作品は主に、ポーが主筆を務めていた雑誌に掲載されたものがほとんどであり、恐怖をそそるもの、美的センスを描いたもの、推理小説にわけられる。その中でも、推理小説がポーの作品の中では代表的であろう。「モルグ街の殺人」(1841)や「盗まれた手紙」(1845)等は、主人公の探偵C・オーギュスト・デュパンが登場し、鮮明に謎を解き明かしていく。これらの作品は史上初の推理小説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。