運動と健康

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,015
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     運動と健康について。
     現代では、65歳以上の高齢者人口が総人口の14%を超える本格的な高齢化社会を向かえている。高齢者もそうであるが、成人や子どもも健康の3大要素の運動、栄養、休養が大事になってくる。
     運動には、有酸素運動とレジスタンストレーニングの両方を並行して行うことが大切である。
    有酸素運動とは、酸素を多量に取り入れながらできるだけ長く継続して行う全身運動のことである。主な有酸素運動には、エアロビ、ウォーキング、水泳などがある。また、自宅で自由に手軽にどこででも出来るチューブトレーニングも有酸素運動である。有酸素運動は、酸素がきちんと取り込まれていれば軽い負荷で長時間続けることができ、疲れにくいのが特徴であり、息がはずむ程度に続けることが大切である。
     有酸素運動の効果は①酸素を取り入れようとして心臓、血管の働きが良くなり、心肺機能が上がり持久力がつく。②有酸素運動をすると血管が柔らかくなり、血液の流れがよく
    400
    なって高血圧など様々な生活習慣病の予防になる。③有酸素運動より体全体に新鮮な血液が行き渡り、体内の老廃物が排出され必要な栄養が補給されることで健康の維持ができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。