バウハウスの功績について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,369
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    バウハウスの功績について
    新しい社会を象徴する典型的な形態を創造できる人材の育成
    1919 年 4月ワイマール共和国にてヴァルター・グロピウスが発足させたバウハウスは「造
    形活動の最終目標を建築」とし、審美的なレベルでの生活の向上を具体的なプロダクトで
    提供する人材の育成を行う教育機関を実現させた。その教育思想は今日の“デザイン”と
    定義される領域をいち早くテーマとすることで、新しい建築の姿を模索しながら造形を技
    術と芸術、科学の中で統一する研究を行い、工房を通じて教育と制作を行うというもので
    あった。
    バウハウス設立前の一般的な美術学生は体制順 応型で中産階級の人間が多く水彩や彫刻
    のコピーを中心としていたが、バウハウスは生徒の感情、感性、知性など個人を重視した
    初めての美術学校として自由な発想を重視した教育を行い、男性だけでなく女性も含め、
    多くの学生を受け入れている。また、学生には学内の工房にて様々な素材の色、テクスチ
    ャーなど学ぶことでその本質を学ぶことを求め、それを合わせてみることで新しい機能や
    表現を生み出すという教育を行い、工房での創作活動という概念を通して芸術と機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。