「標本化定理について」

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数5,038
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    標本化定理について
    ■標本化定理とは
    標本化定理(Sampling Theorem )とは、入力されたアナログ信号を時間軸に並べ一定の間隔
    で振動幅の値を離散的に定義(標本化)する過程で、オリジナル情報の損失を防ぐための標本化
    間隔(標本化周波数)の条件を与えたものである。その内容は「標本化周波数は入力信号の最高
    周波数の 2倍以上でなくてはならない」というものであり、この定理に反するとエイリアシング
    現象が生じて復元時にオリジナルには存在しない偽信号が発生してしまう。
    ■ エイリアシング現象
    アナログ信号をフーリエ変換により周波数領域に分解し標本化を行う際、標本化定理に従わず
    に行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。