『職業としての政治』の要約・歴史的意義・感想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数5,874
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①『職業としての政治』の要約
     政治とは非常に広い概念だが、ここで政治という場合、政治団体、すなわち現在でいう国家の指導、またはその指導に影響を与えようとする行為を考えることにする。では、その「国家」の社会学的な定義とは何か。近代国家を社会学的に定義するため、国家を含めたすべての政治団体に固有な、特殊の手段、つまり物理的暴力の行使に着目する。おそらく、暴力行使は、国家に特有な手段であろう。今日では、国家とは、ある一定の領域の内部で正当な物理的暴力行使の独占を要求する人間共同体である。すなわち、国家以外のすべての団体・個人に対しては、国家の側で許容した範囲内でしか、物理的暴力行使の権利が認められていない。要するに、現代では、国家こそが暴力を行使することができる権利をわれわれに与えうる唯一の存在である。なので、われわれにとっての政治とは、国家間においても、国家内の人間集団相互の間においても、暴力=権力が配分され、その権力の配分関係に影響を与えようとする行為であるといえるのだ。
    これは、日常用いる「政治的」という言葉の用いられ方からも正しいといえる。あらゆる「政治的な」事柄を考える際にも、権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。