グループワークの作業機と終結期におけるワーカーの役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,211
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       グループワークの作業機と終結期におけるワーカーの役割について
     作業期とは、メンバーがまとまり、一致協力して開始期に設定した達成課題に向けて実際に 取り組む過程である。そのなかで、グループ内に自由なコミュニケーション、共通のルール、方 向性、自分の役割がもたれ、作業ができている場合にはグループ内に信頼関係が築かれ、相 互援助へとグループが発展し、グループは成熟していくのである。しかし、このようなことがグ ループ内に築かれていない場合には、孤立や排除と言ったグループ内での対立・摩擦が生じ る。そこで、ワーカーは、準備期においておこりそうな出来事を予測してあるため、この対立・ 摩擦に対して迅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。