アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革制度を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数685
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革制度を述べよ。
     まず、アメリカにおける医療制度の現状を説明したい。アメリカでは、病気や貧困は自己責任であるという考えが根強く、個人主義を重んじる国民性がある。そのため、「自助努力」が強調されており、わが国のような国民全体を対象とした公的医療保障制度がなく、医療保障は民間保険を中心に行われているのが現状である。
     アメリカにおける民間保険には、以下のようなものがある。
    (1)メディケア
     連邦政府による社会保障の制度で、65歳以上の高齢者、障害年金受給者、慢性腎臓病患者を有する被保健労働者とその家族を対象としている。
     医療保険は、パートAとパートBに別れており、パートAは強制加入で、社会保障税を財源としている。入院サービスやホームヘルスケア、ホスピス・ケアなどのサービスを受けることができる。パートBは、任意加入であり、保険料と国庫負担を財源としている。医師の診療サービスを受けることができる。しかし、これには、歯科、眼科などの費用は対象外となっている。また、高齢者にとって必要となってくる食事や入浴、着脱衣や、トイレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。