社会福祉援助の技術と援助方法についてのべよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数767
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助の技術と援助方法についてのべよ
     まず、社会福祉援助活動とは、ソーシャルワークと呼ばれ、援助技術そのものをさす場合が多い。この、ソーシャルワークの諸援助活動は大きくわけて以下の3つにわけることができる。
     ①直接援助技術
    個別援助技術(ケースワーク)、集団援助技術(グループワーク)からなるものであり、福祉専門職者としての利用者に直接働きかけ、利用者の抱える生活課題の解消を図る際に用いられている。
     個別援助技術は、利用者がケースワーカーのいる機関を訪ねたり、訪問を受け、社会福祉サービスの提供と活用・環境整備の援助を受けるという技術である。
     これは、個人、家族、関係者を対象にニーズの充足、社会生活の維持と向上への支援
    を展開してゆくために、以下のような展開過程をたどることになる。
     Ⅰ受理(インテーク)。申請者が最初に援助機関と出会う場所であり、問題の概要や、内容を的確に把握し、その人にとって最もふさわしい援助の適合性を判断する。
     Ⅱ調査。インテークの結果、援助することが決定された場合、利用者と利用者を取り巻く社会環境について、利用者を主体に適した情報を調査する。
     Ⅲ事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。