社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,342
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。
     社会福祉調査とは、社会調査の一応用であるために、社会福祉調査を理解するためにはまず、社会調査の歴史的展開を理解する必要がある。ここでは、社会福祉調査法に関わる社会調査法を大きく三つに分類して述べていきたい。
    1.社会踏査
     これは、18世紀から19世紀にかけて英国を中心に社会改良を目的に行われたものである。この調査は、救貧を目的としている調査であるため、特定の地域社会を対象に、貧困問題の実態を明らかにし、問題解決を目指す具体的な援助活動に結びつくものであった。
     このような調査は、政治的・行政的な目的をもった調査とは全く異なった理念に基づき行うものである。社会改良という目的に基づいた社会踏査において、観察法、面接法、生活資法などの事例調査法の原型が示された。2.生活史法と参与観察法
     20世紀の初期からアメリカを中心に行われたもので、生活史や、参与観察を用いて展開された調査方法である。
     人類学や貧困層に関する研究の影響を受け、生活史法や、参与観察法が社会学的な研究においても用いられるようになった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。