⑧住宅・福祉用具に関する知識

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数0
閲覧数480
ダウンロード数1
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

ファイル内検索

タグ

ヘルパー福祉

代表キーワード

福祉

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

 歩行に障害がある場合には、移動に関する点が問題になる場合が多く、車いすや杖、装具などといった福祉用具を利用する場合が多くなってくるであろう。そのため、主な生活の場となる住宅の内部では様々な不都合が生じてくる。
 歩行が困難な場合、移動中の転倒などにより事故を起こすことが多い。そのため、足元を照らし、明るくすることもひとつの手段としてあげられる。
 しかし、このような配慮だけでは不十分であり、主に、事故を防ぐためには床面の段差を解消し、平坦な床としたり、階段の高配を緩やかにし、手すりを設けるなどの配慮が必要となってくる。
 また、従来のような日本家屋の造りでは、浴槽への出入りや、和式便所でのか..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。