社会福祉援助活動の価値と倫理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,782
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助活動の価値と倫理について
    1.価値について
     ソーシャルワーカーは、すべての人間を、出生、人種、性別、年齢、身体的精神的状況、宗教的文化的背景、社会的地位、経済状況等の違いに関わらず、かけがえのない存在として尊重し、人々の平等と尊厳を尊ぶ。また、差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などのない、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現を目指す。どのような境遇であっても、人間には自己の最大の可能性を求めていく権利があり、社会にはそれを支援する責任がある。ソーシャルワーカーは、あらゆる者の人権尊重と自己実現、特に弱者の権利を擁護する。
    そして、これらの価値を実現するには、ソーシャルワーカー自身の自己覚知が必要不可欠である。人間は誰もがそれぞれ各自の体験によって、自分なりの基本的傾向や基本的前提(性善説、性悪説など)を持っている。自身が専門職になる前に持っていた、基本的前提や傾向はどんなものであったか、無意識のうちに偏った見方をしていないか、また、専門職になった時に持った基本的前提や傾向はいかなるものか、内省的考察が必要である。
    2.倫理について
     ソーシャルワーカーの倫理には大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。