ライントレーサー

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数872
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.目的
     ライントレーサーを製作し、基盤の作成や半田付け、PICの書き込みなどの技術を身に付ける。
    2.原理
     プログラムで、動作が変更できるようにPIC16F84という1チップマイコンを利用する。電子回路の回路図を図1に示す。
    図1 回路図
     モータを回すトランジスタ2個接続(ダーリントン接続)したものは1つのパッケージに入っている。このトランジスタの型番は2SD1828で、極性は向かって左からB,C,Eである。
     水晶発信子はコンデンサと共に1パッケージになっている。
     センサー部分の赤外線発光ダイオードと受光用のフォトトランジスタは1パッケージになっている。
     (あ)回路
    (a)LED点滅回路
    PICのIO PINにLEDを直結させて点灯させている。PICの出力は0は0[V]、1は電源電圧(3[V])なので、10[mA]弱の電流を流して点灯させたいので、となり、R=140となる。しかし、あまり電流が流れすぎてもICが壊れてしまうので、200[Ω]とする。
    (b)SW回路
    SWを押すとGNDとRB0がつながり、0が入力される。
    SWが離されていると、VCCから電圧がかかり、1が入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。