非接触型充電器の開発

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数15
閲覧数408
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目次
    1 背景・目的1
    2 理論1
    2.1 電波送電方法1
    2.2 電磁誘導方法2
    3 方法と結果2
    3.1 電波送電方法2
    3.1.1 ダイポールアンテナ2
    3.1.2 パラボラアンテナ3
    3.1.3 パッチアンテナ4
    3.1.4 スリーブアンテナ5
    3.1.5 パッチアンテナ改良版5
    3.2 電磁誘導方法8
    4 考察12
    4.1 電波送電方法12
    4.2 電磁誘導方法12
    5 参考文献13
    1 背景・目的
    携帯電話やデジタルカメラ,iPodなど,充電池を使用している機器がたくさんある。これらの機器を充電する際,非接触で充電できるととても便利であることから,わたしたちはこの技術に興味を持った。そこで調べた結果,大きな方法として電波送電方法と電磁誘導方法の2種類があったので,2班に分かれて研究をした。
    2 理論
    2.1 電波送電方法
     マイクロ波は電波の中でも特に電力を伝えやすいものであり,電子レンジや無線LANアクセスポイントなどの身近なところで使われている。そのことから,今回はマイクロ波を中心に研究をした。高周波であるマイクロ波の発振技術は非常に高度で危険であるため,送電部には電子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。