民事訴訟法5(複雑請求訴訟)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数45
閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    司法試験の過去問を踏まえて,民事訴訟法の基本事項や判例・学説などを整理したサブノートです。
    司法試験の過去問や,問題集(『ゼミナール要件事実2』『事例演習民事訴訟法』『ロースクール民事訴訟法』)とともに,このサブノートを並行してお使いになれば,知識や考え方の整理に役立つと思います。
    受験雑誌などに掲載されているサブノートは,超重要事項しかありませんが,このサブノートは短答試験で問われる知識などについても記載していますので,情報の一元化にも役立つと思います。

    <参照文献>
    伊藤眞『民事訴訟法 第4版補訂版』(有斐閣,2014年)
    三木浩一・笠井正俊『民事訴訟法 (LEGAL QUEST)』(有斐閣,2013年)
    高橋宏志『重点講義民事訴訟法(上) 第2版補訂版』(有斐閣,2013年),同『重点講義民事訴訟法(下) 第2版補訂版』(有斐閣,2014年)
    高橋宏志・高田裕成『民事訴訟法判例百選 第4版』(有斐閣,2010年)
    三木浩一・山本和彦『ロースクール民事訴訟法 第4版』(有斐閣,2014年)
    遠藤賢治『事例演習民事訴訟法 第3版』(有斐閣,2013年)
    長谷部由起子・山本弘『基礎演習 民事訴訟法 第2版』(弘文堂,2013年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    7 複雑請求訴訟
     
    7-1
    総説 ― 請求間の関連性

    1 複数請求訴訟
     1 原始的複数の場合
       請求の併合
    (
    単純併合、選択的併合、予備的併合
    )
    では、関連性は不要。
       ただし、・選択的併合の場合は、請求が両立し得ることが必要。
           ・予備的併合の場合は、請求が両立し得ないことが必要。
     2 後発的複数の場合
    訴えの変更
    請求の基礎の同一性
    = ①新旧両請求の利益関係が社会生活上共通、かつ
      ②新請求において旧請求をめぐる裁判資料の継続利用が可能
    反訴
    本訴と反訴請求との関連性
    = 両請求がその内容又は発生原因において共通性があること
    第2 複数当事者訴訟
     1 共同訴訟
    通常共同訴訟
    請求相互の関連性  ※次のうちいずれか
    = ①権利義務が共通
      ②原因が共通
      ③権利義務が同種、原因が同種
    同時審判申出共同訴訟
    実体法上両立し得ない関係
      ※必要的共同訴訟は、合一確定の要請から共同訴訟となるものであるので、
       請求相互の関係はあまり重視されない。
     
    2 訴訟参加
    (
    独立当事者訴訟
    )
    詐害防止型
    本訴 = 詐害的な訴訟
    権利主張型
    参..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。