民事訴訟法1(総論、裁判所、当事者)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数30
閲覧数201
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    司法試験の過去問を踏まえて,民事訴訟法の基本事項や判例・学説などを整理したサブノートです。
    司法試験の過去問や,問題集(『ゼミナール要件事実2』『事例演習民事訴訟法』『ロースクール民事訴訟法』)とともに,このサブノートを並行してお使いになれば,知識や考え方の整理に役立つと思います。
    受験雑誌などに掲載されているサブノートは,超重要事項しかありませんが,このサブノートは短答試験で問われる知識などについても記載していますので,情報の一元化にも役立つと思います。

    <参照文献>
    伊藤眞『民事訴訟法 第4版補訂版』(有斐閣,2014年)
    三木浩一・笠井正俊『民事訴訟法 (LEGAL QUEST)』(有斐閣,2013年)
    高橋宏志『重点講義民事訴訟法(上) 第2版補訂版』(有斐閣,2013年),同『重点講義民事訴訟法(下) 第2版補訂版』(有斐閣,2014年)
    高橋宏志・高田裕成『民事訴訟法判例百選 第4版』(有斐閣,2010年)
    三木浩一・山本和彦『ロースクール民事訴訟法 第4版』(有斐閣,2014年)
    遠藤賢治『事例演習民事訴訟法 第3版』(有斐閣,2013年)
    長谷部由起子・山本弘『基礎演習 民事訴訟法 第2版』(弘文堂,2013年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 総論
     民事訴訟:私的紛争の公権的解決であり、強制的・終局的な紛争処理手続
    第1 民事訴訟の目的と法の解釈原理
    民事訴訟の目的
    民事訴訟法の解釈原理
    国家側からの要請
    ・紛争解決
    ・私法秩序の維持
    ・訴訟経済
    ・手続安定
    ・手続の明確・画一的処理
    ・一挙抜本的解決
    国民側からの要請
    権利の保護
    ・裁判を受ける権利の平等な保障
    ・実体法的地位の手続保障
    ・訴訟の公開
    第2 信義則
    (2)
    の適用
     
    1 矛盾挙動禁止の原則
    (
    訴訟上の禁反言
    )
       訴訟行為の撤回が許される場合でも、一方当事者の訴訟追行態度を信頼して、訴訟を追行してきた相手方
      当事者の信頼を裏切り、その訴訟上の地位を崩壊させるような場合は、訴訟行為と矛盾する一方当事者の訴
      訟行為は信義則により否定される。
       
    ex.
    前訴で賃借権の存在を主張して所からの明た者が、所からの賃
        にて、賃借権の存在を否定するような主張をする場合 
     
    2 権利失効の原則
       一方当事者が訴訟上られた権利をもはるはなの信頼を相手方当事
      者にたとる場合は、信義則により、もはの権利を主張できなる。
       
    ex...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。