信託法

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数193
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    信託法信託金融経済民事法担保

    代表キーワード

    信託法民事法

    資料紹介

    信託法についての概要を、信託法の条文にそって整理したレジュメです。基本書や専門書などを読む前にこのレジュメを一読しておけば、全体像がしっかり把握できると思います。

    <参考文献>
    新井誠『信託法第4版』(有斐閣,2014年)
    道垣内弘人『信託法入門』(日本経済新聞出版社,2007年)
    井上聡『信託の仕組み』(日本経済新聞出版社,2007年)
    樋口範雄『入門・信託と信託法第2版』(弘文堂,2014年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    信託法
    信託法
    1 総論
     
    1 信託の定義
      
     
    2

    1

     この法律において「信託」とは、次条各号に掲げる方法のいずれかにより、特定の者が一定
           の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきも
           のとすることをいう。
        
     
    2

     この法律において「信託行為」とは、次の各号に掲げる信託の区分に応じ、当該各号に定め
           るものをいう。
           
    1

     次条第一号に掲げる方法による信託 同号の信託契約
           
    2

     次条第二号に掲げる方法による信託 同号の遺言
          
     
    3

     次条第三号に掲げる方法による信託 同号の書面又は電磁的記録によってする意思表示
       

    keyword

         1.財産について
           
    信託財産
     受託者に属する財産であって、信託により管理又は処分をすべき一切の財産
    (2

    3

    )
           
    固有財産
     受託者に属する財産であって、信託財産に属する財産でない一切の財産
    (2

    8

    )
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。