教育心理学(S0105)第2設題 佛教大学 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数592
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     向社会的傾向の強い小学生は、適応がよく、自己統制が優れている。心理学では適応の概念は、環境、とくに社会的環境の要請に対する心理的反応による適合のよさとして用いられることが多い。つまり、適応とは、他の人との関係において、自分を取り巻く社会的環境と生活の要請に適合して、責任を果たし、ストレスを処理し、個人的要求に合致させることである。人生はたえず変化するものであるから、態度や行動を修正する能力は適応にとって欠くことのできない成分である。適合がうまくいかず、個人が生活の要請に合致できず、過剰な精神的緊張を生じたり、情動的な症状をもったりすると、その人は心理的援助を必要とする。カウンセリングや心理療法の目的はそのような人々がより適切に適応できるように助けることである。
     子どもの不適応を理解するために、機能の発達から社会的認知にアプローチする立場と構造の発達から社会的認知にアプローチする立場がある。社会的認知とは、人々が他の人々との関係で自分自身をどのように考えるかということと、社会をどのように知覚するかと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。