保育原理(S0804) 第二設題 佛教大学 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数734
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ピアジェのいう「自己中心的思考」、ヴィゴツキーの「想像力論」について、それらの特色をまとめ、自分の意見(疑問も含む)を述べよ。』
    ピアジェは子どもの認識の発生と心的発達を実証的に研究し、人とは質的に違う子どもの思考について理論化した人物である。ピアジェが主張した自己中心的思考について述べていきたい。ピアジェは、前操作期の子どもの主たる思考特性として自己中心性、つまり、自分自身の1つの視点からあらゆることを考えようとする傾向ということをあげているのである。保存課題で2つの次元を考えることができないのと同じように、他者との関係でいろいろな考え方に立つことができない。自己中心的である間は、子どもは互いにただ並んで遊んでいるのにすぎないのである。自己中心性を乗り越えると、子どもは2人で共通のものを作るために協同することを学ぶのである。ピアジェは、子どもは大人だけではなく、友達と相互に作用し合うようになるにつれて自己中心性を乗り越えると見なしているのである。子どもは自分の考えを大人は何でも理解してくれているように思えるが、友達はそうではないことに気付くのである。その結果、子どもは自分自身の理解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。